医療法人社団 優成会 小林歯科 阪急塚口駅 南側 徒歩1分
診療・相談のご予約:06-6429-3918 (10:00~20:00 ※休診:水・祝) かんたんWEB予約 24時間受け付けています!!
  1. 阪急塚口駅前の小林歯科
  2. 診療内容
  3. インプラント治療

インプラント治療


IMPLANT
インプラント治療とは?

私たちは年を重ねるにつれ、虫歯や歯肉の病気、
あるいは事故などで歯を失うトラブルに見舞われることがあります。
奥歯を数本失うより、前歯を1本失うほうが心理的につらいかも知れません。
たった1本の歯を失うことで、歯の機能と審美性が崩れ、
食事の時や外見上で不都合を感じるようになってしまいます。

インプラントは、その失われた天然歯根の代用となる人工歯根のことです。


歯科用インプラントの仕組み

インプラントの仕組み

インプラント治療の手順

治療計画1

1.診療と治療の計画

失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大きさ、位置により、治療法には様々な選択肢があります。
歯にかかる力の方向や強さはもちろん、患者様に無理のない衛生管理などを含め総合的に検討した上で、治療計画が立てられます。

治療計画2

2.術前治療

インプラント治療の前段階で必要な処置を施します。
歯や歯根部がまだある人には、抜歯が必要になりますし、骨の厚みや量が足らない患者様には骨造成術が必要となってきます。

治療計画3

3.一次手術

あごの骨にインプラントを埋め込みます。

治療計画4

4.治癒期間

1次手術後、3~6ヶ月の治癒期間をおくことで、インプラントと骨が強い力で結合します(オッセオインテグレーション)。この期間、仮の歯を使用できる場合もあります。

治療計画5

5.二次手術

歯ぐきを開いて人工の歯を取り付ける準備をします。この状態で、歯ぐきが治るまで1~6週間おきます。

治療計画6

6.上部構造セット

歯ぐきが治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。形や色などは患者様に合わせて作製し、インプラントに取り付けます。
スクリューで固定します。この他、人工の歯をセメントにより固定する方法もあります。

インプラント体験者の声

40代後半女性
インプラント体験者の声1

50代後半女性
インプラント体験者の声2

50代後半男性
インプラント体験者の声3

80代前半男性
インプラント体験者の声4


インプラント治療の
メリット・デメリット

メリット

・ご自身の歯のように使える
・日々のご自身でのお手入れは歯磨きのみ
・強い咀嚼力
・入れ歯みたいに歯肉を覆わないので、おいしく食事がとれる

デメリット

・比較的治療費が高額である
・ご自身でのケアやクリニックへの来院を怠ると、健康な歯と同じように脱落する可能性がある
・チタンアレルギーの方には適用できない(※極希です。)


その他、歯の欠損治療

入れ歯治療イメージ

入れ歯治療

文字通り入れ歯を作って、欠損部分を補います。
保険診療適応内の入れ歯はどうしても、入れ歯がずれたり、食べ物が内側に入って痛くなる場合があります。
しかしながら、自費診療の入れ歯治療という選択もございます。
金属の留め金を使用しない入れ歯や、より高機能な入れ歯もございます。また、インプラントで入れ歯を固定する方法など多岐にわたりますので、是非一度ご相談ください。

ブリッジ治療イメージ

ブリッジ治療

両隣の歯を削って欠損部分に橋を架けるように、人工歯で補います。デメリットは両隣の健康な歯を削らなくてはいけなく、負荷もかかるので両隣の歯にも悪影響が発生しやすい治療となっています。
保険適応内の人工歯は変形などの経年劣化がしやすく、歯の部分矯正のように徐々に歯を悪くしてしまう恐れがあります。
ただ、ブリッジ治療にも自費診療の選択肢があり、審美性も良く経年劣化のしにくいセラミック歯を選択することも可能です。
こちらを選択される方は、しっかりとしたご自身でのケアとクリニックでのプロフェッショナルケアが必要となります。